忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

航晴絶好調!

2月末から野球シーズンが始まりました。
年齢毎に5段階ある部のうち、航晴は4つ目に当たるマイナーの2年目。
いよいよ来年は一番上のメジャーになるなんて、本当に信じられないわ。

昨年、マイナー1年目だった航晴は、2年目のお兄ちゃん選手に色々教えてもらい、たくさん刺激を受けました。
シーズン終了時にはリーグが選抜するオールスターチームにそのお兄ちゃん選手は選ばれ、今年は自分がそれを目指す番になりました。

昨年もピッチャーをさせてもらえる事はありましたが、実際の内容はハチャメチャ。
フォアボールで押し出し失点をしては、お兄ちゃん選手に助けてもらう始末でした。

バッティングも2年目選手が投げる豪速球に手も足も出なくって、悩んでたなぁ。

それでも時折見せる好守備やピッチングのおかげで、お兄ちゃん選手には可愛がってもらいました。
それがあったから、楽しいシーズンを過ごせ、秋シーズンも引き続き野球を楽しめたんだと思っています。

そして今季。
今度はその航晴が2年目です。

秋シーズンが良かったのか、相変わらず体はほっそいけど、やはり2年目として体が成長したのか、ピッチングが急激に良くなりました。力んで投げていた昔がウソのように安定し、打順に合わせたピッチングもできるようになりました。

バッティングも4番としてその責任をきちんと結果に出しています。

おかげで航晴のチームはシーズン開始から4連勝中。無敗です。

先日も航晴の3ベースヒットで逆転、
最終回だけ登板し、三者凡退で打ち取りました。
いやあ、我が子ながらたいしたもんです。

試合中、三振で戻ってきたチームメイトを励まし、フォアボールばかりで押し出した新人ピッチャーを見守り、試合後はチームを率いて観客席に挨拶に行く。

その姿は、昨年お世話になったお兄ちゃん選手そのものでした。

野球が上手くなってくれるのはもちろん嬉しいけど、それ以上にチームを率いてくれる姿勢が親として涙が出るほど嬉しかったです。
マイペースでリーダーシップのかけらもないあの子がね。。。(涙)

あまりにも頑張ってる航晴、聞けばオールスターに選ばれたい という野望がありました(笑)
チームが勝とうが負けようが、自分はどんな試合でも一生懸命やって結果を出す。

そういう強い信念がそこにありました。

いつの間にこんなに頼もしくなったのかしら。
頑張れ、航ちゃん!!



拍手[4回]

PR