忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

再びBig Bear 今度はスキー ②

2日目は3家族揃ってスキー♪
6人の子供たちは全員初体験。
スキー板をレンタルしている段階から子供たちはやる気マンマンで
ジェシー先生もテンションが上がる。





・・・が。
うちのプリンス君がストックが欲しいと騒ぎ出した。
ジェシー先生は子供にはまだストックはいらないといって借りさせなかった。
だから大人が持っているストックをよこせと大騒ぎ。

とりあえずみんなと同じように板を履かせるも、ストックが手に入るまで歩くもんかっ!
ってな感じ。
とりあえずリフトに乗って上まで上がることになったので、
リフトで釣ったらまあまあ歩き出した。
そしたら

「板履いてないと、リフトに乗れないってっ!」

という指示が。


ワタクシ、スキーは高1で止まってる。
板、どうやって履くんだっけ? 履いた後、どうすればいいんだっけ?
絶対こけるし、こけたら自分で起き上がれるかも心配。

そんな私が板つけちゃったら、同じく板をつけてる航晴の面倒なんて見れないよー。
ましてや2人でリフトに乗るなんて絶対無理。

はにーちゃんと里花はもう乗って行っちゃったし、
みんな各自自分の子供の面倒を見るのに精一杯だったし、
仕方なくそのまま航晴をスキー場内のソリ場へ連れて行くことにしたのだけど・・・。

お互いスキー靴はいてたら見えてるところまででもかなり遠い。
航ちゃんは疲れ始めてるし、私は荷物も持ってるし抱っこしてやれない。

そのうち疲れからグダグダし始めたので、お店があるところに座らせ、
飲み物とお菓子を買って食べさせたら少し機嫌が良くなった。

運良くそこをパパに見つけられ、みんなと一緒に昼食を取れた。
そしたら航晴は私にもたれながらZZZ・・・

えー!

私と航ちゃんはそのまま車内へ移動し、みんなが終わるまで寝てました。






里花は結構楽しんだようで

 しんちゃんパパとリフトに乗って

 周りのスキーヤーから「Cheater Girl!」と呼ばれていたそう

パパいわく、直滑降で滑っていくそうです。
で、停まりたい時は体をキュッとねじってエッジを少しかけるそうです。
ひょえー!
ママにも教えてくれ。






その日の夜は今回のメインイベントともいえる、合同お誕生日会!

3家族それぞれ2人づつ子供がいるのですが、
そのうちの一人づつが2月生まれ。

赤ちゃんの頃の写真を合成し、Kings Hawaiian でオーダーしたケーキ

 真ん中が里花。生後3日目の写真


 3歳、4歳、5歳のお誕生日です


お部屋をデコレーションして、パーティーハットをつけて、子供たちはウキウキ。
バースデーキッズには手作りのメダルを授与。
全員おそろいのTシャツを着て記念撮影。

 Happy Birthday !!!

この子達、なんだかんだ言いながらもかなり仲が良いのです。
気の合うお友達とこんな素敵な思い出が作れてうらやましいなあ。


③へつづく

拍手[0回]

PR