忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

楽しく通っています☆

里花さん。

初めて幼稚園に通いだした頃も、最初は超ハイテンションでルンルンで通ってたのに、2週間後くらいに泣き始めた。
前の晩から「明日、行かない~!」なんて言ったりしたので、実は警戒していた。

けど、まったく大丈夫のよう(笑)


本当にお友達に恵まれた としか言いようがない。
日本人の女の子が3人。
毎日会えるのが楽しみで仕方がない様子です。

休み時間は他クラスとも合同で遊ぶので、他の日本人ともつるんでいるようです。
学校が終わったら敷地内のちょっとしたスペースで思いっきり日本語で遊んでいます。




そんなんで英語のほうはー? と気になるのですが、
登校3日目にして

「I pledge allegiance・・・」

とやりだしました。


「Pledge of Allegiance」
アメリカ人は必ず学校でやってきたこと。「忠誠の誓い」
星条旗を見ながら右手を左の胸に当てて唱えます。


I pledge allegiance to the flag of the United States of America and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all.

「私はアメリカ合衆国の国旗と、その国旗が象徴する共和国、神のもとに統一さ れ全ての人々に自由と正義が約束された不可分の国に忠誠を誓います」

日本語でも英語でも5歳の子にはむずかしーだろー? という言葉がたくさん詰まっていますが、こちらの幼稚園、学校ではまずこれから教えます。
愛国心が育つのも無理はないです。

2週間以上経った今ではもうすっかり覚えてしまいました。


そのほかにも発音良く国歌の一節を口ずさむシーンがあったり、宿題をやっていて終わったときには「All done!」と言ってみたり、
入学前は大文字のアルファベットしか書けなかったのに、すでに小文字の存在を知り、小文字も書いている。

「子供ってすごい~!」

と思わされることがいっぱいです。




たいして英語を教えずにキンダーに行かせたけれど、彼女の場合大丈夫のようです。

拍手[0回]

PR