忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

Redondo Beachで遊んでみた

我が家から車で5分のところにあるレドンドビーチに出かけてみました。
さすがは夏!いつもなら吹く風が冷たくて長袖で挑むところですが、
半袖半ズボンでも全然OK.

まずはPierに車を停め、ビーチへ。
やっぱり波を怖がるうちの子達。
仕方なく頂きもののカイトで気を紛わせようとするも・・・。

 むずっ

2本糸使用のカイトはそう簡単には上がらず、里花の顔も曇り気味。
航ちゃんは波打ち際からかなり離れたところで砂遊び。

それでも波打ち際から他の子供達の楽しそうな声を聞くと興味が湧いたみたいで、
海のほうに行くと言い出し移動。

里花はザブーンとやってくる波のタイミングを見計らって

ささっ

とバケツに水を汲んでくることができた。
それをパパが掘った穴の中に入れる。
瞬時に吸収されるのでまた水を汲みに行く。

 ささっ

その繰り返し。かなり楽しかった模様。
足が濡れるのもイヤな子だったから、ちょっと克服したかな。

でもやっぱり波は怖いのであくまでも自分は波打ち際ギリギリ線で待機。
時々大きな波が来て、ザザーっと足が濡れたりした時のへっぴり腰ときたら・・・。
情けなすぎて笑えた。

でもわっせ、わっせと一生懸命溜まるはずのない水を穴の中に入れていました。
ちなみに航ちゃんはちーっとも動こうとせず、でもお水では遊びたいので、
里花やパパに水を汲んで来いと指示するだけ。

お腹がすいてきたのでPIERでランチ。
いろんなお店が立ち並んでいて、シーフードメニューもたくさんあるけど、
韓国人経営のお店が目立つ。
こんなに多かったけな。




桟橋を散歩したのだけど、釣り人が多すぎて柵に張り付いて海を見るのが困難。
で、パパが船に乗ろうと提案。

大人10ドルだけど、子供(7歳以下)は1ドル。
結構良心的。
間もなく出発だと言うので、2階席に乗り込みました。

 出発しまーす!



 この頃にはビーチは人でいっぱい






出発してものの1分。泳いでいるアザラシを発見!
でもすぐに水の中に潜ってしまった。残念。

と思ったら





 ブイに集まるアザラシ達

を見せてくれて、次の瞬間、 








 イルカ!   ※撮影者:パパ




イルカを探す係の人がちゃんと乗船していて、
右だの左だの教えてくれる。

 すごーいっ!結構いるよ~。


1階席に移って張り付いて見ていたら、
航ちゃんでもイルカを発見できました!

 「うーっか!(いるか!)」

と大興奮。


こちらの海ではフツーにアザラシやらイルカ、ラッコがいます。
初めて見た時は感動したなー。
けど砂浜から見るには結構遠くて、双眼鏡が欲しいと思うことも多かったけど、
こうやって船から見ると良く見えるわ~。

船の先頭に回って、私たちと一緒に泳いでくれるイルカにはパパも興奮して、
カメラ持ったままいなくなりました・・・。



いやいや、こんな身近なところでドルフィンツアーができるとは。
大感激&大満足でした。



※おまけ

桟橋の柵についているイルカのマーク

里花はこれを

「ここに いるかさんが いますよ って書いてるんだよー」

と言っていました。

確かに間違ってはいない・・・よね?







拍手[0回]

PR