忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

入園準備 3  ~お名前シール~

今や入園準備の定番中の定番、お名前シールについて。

小学校の頃、算数に使う花型のマグネットつきおはじきや、
数え棒などに一つづつ小さなシールを貼ってたっけ。
あの頃の名前は手書きだったけど、今は子供の名前を予め印刷したシールが作れる。
もういろんな会社がいろんなデザインを出していて、ホント迷うの。

当初、お弁当箱や水筒などに貼るシールが少しあれば良いだろうと思い、
いろんなサイズがセットになったものを注文。

 112枚入り 1500円 ※キーホルダーは別注

その後幼稚園が決まり、手続きを進めていく中で衣類などにも名前を書く必要が分かり、違う会社でアイロンで転写できるフェルトタイプのシールを発注。

 こちらはフルネームで。2620円(60枚)。

値段は高いのか安いのか、正直分かんない。(汗)

ただ一つ気に入らないのは、ここの会社(アイロン転写シールの方)は郵便局やコンビニ支払いしかできなということ。
クレジットカード決済を扱ってくれていないので、実家母に振込みを依頼する必要があるのです。
まあ、バアバは孫のためだと張り切って行ってくれるのですけどね。
お金も払わせちゃうし、ちょっと気を遣うかな。




早速、出来上がった袋物などにアイロンでジュー! とやってみた。



ほほう。キレイ。物が良く見えるなあ(笑)

名前シールを一行づつ切り取ってアイロンを当てるのだけど、その大きさ、7ミリ×55ミリ。
カーブしているところはかなり当てにくい。
下からタオルを突っ込んでやってみたけど、見事にゆがんだ。

 や、やり直したい・・・

粘着力はウルトラスーパー級で、一度ついたらはがせない。
それもいいのか悪いのか・・・ と思うようなことがいくつか。

あと、ビミョーにレイアウトがずれているかなあ。


色違いを1セットづつ、合計60枚頼んだのだけど、これって少ないのでしょうか。
手持ちのTシャツやズボン、ワンピース、ジャケット類、下着、靴下などに付けているとあっという間になくなりそうなんですけど?
靴下なんて1足で2枚消費しちゃうことになりますからねえ。
ケチな私は途中で切って、片足をHIRAKI、片足をRICAにしちゃいました。

こんなサブーイことをしてもやっぱり60枚では足りなさそうだし、
この先アイロンシールでもっときちんと名前を付けたいと思うアイテムも出てくると思ったので、
普段の洋服はマジックで書いた。

油性でもにじむような性質の生地で作ったタグ、
品質表示やお洗濯の表示でいっぱいで、文字を書けるスペースが全くないタグ、
日本製のお洋服には「なまえ」欄があるタグがついていたり。

お洋服についているタグをこんなにも一つ一つジマジマ見ることになろうとは。
でも先輩ママさんはみんなやってるんだよねえ。

時々お古のお洋服を頂いて、「何でこんなところにマジックで書くの?」
って思ったこともあったけど、

1 学校で名前を付けることが決められている
2 いい具合に名前を書けるタグがついてない

ってな理由があったんだろうなあ。
納得、納得。

名前を付けながらはたと思った。

 リボンに転写してから縫い付けてみた

こうやって自家製タグを作ればそれだけをつけたり外したりしてずーっと使えるかも。


いやいや、ぜーったいめんどくさい。



無地のアイロン転写シールみたいなのを買って来て、パソコンを使ってデザイン&印刷 
する方法もあるみたいで、これはかなりリーズナブル だけど、

うち、プリンタないんだった・・・。


もっと安く、簡単に、大量にお名前つけができるものを開発して欲しい
と思ったのでした。



拍手[0回]

PR