忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

おしゃべり爆裂中

日本に行って、常にじいちゃんやら、ばあちゃんやらからいろいろ話し掛けられてきたおかげで、里花語はぐぐーっつと成長しました。

出発前は「まんま」とか、「シュー(滑り台)」とか、「どうじょー」とか、単語だけがちらほら出てきたくらいだったのだけど、最近は

「ママ、シュー したい」

などと、2語3語組み合わせて話してくれます。

歌も急に歌うようになってきて、いつも聞いている「おかあさんといっしょ」の中の歌や、「アンパンマン」などはところどころ音程もあっているところもでてきたりして。

で、今日も

「アンパンマン ディービー(DVD) ったい」 

と言うのでつけていたら、OPからノリノリ♪

で、皆さんよくご存知のこの曲、
太字の部分が歌えるところです。
「何が君のしーあわせー
なーにをしてよーろこぶ♪わからないままおーわるーそーんなのーは・・・」

「いーややっ!!!」 正解:いーやだっ

ぷっ。 か、関西弁・・・

いやね、確かに環境の影響って大きいのです。
日本に行く前は「ばーい」だったし、「さんきゅー」だったのだけど、
関空でジイジ達にお別れするときは「ばいばーい」、「あーとー」になってましたからね。
で、最近はまた「ばーい」になってる・・・。
関西弁もいとこの涼くんから学んだのでしょう。

で、今、結構困っているのが、「食べたい」という表現。
たいー」と言われた後、かわすのに一苦労するのですわ。
実はバレンタインの前日に私に向って、

「ママ、けーき ぺたいー!!!」

と連呼。
ケーキはおそらくその前のお誕生日やら、バイキンマンがひとり占めしているシーンなどを見て覚えた模様。
ま、幸いバレンタインという理由があったので「パパに聞いてね」とかわすことが出来たのだけど、実際パパに言って、次の日ケーキが食べられた物だから、ここのところ毎晩寝る前には

「けーき ぺたいー」

と言っています。

そうそう。スターバックス好きのジェシーママとコーヒーを飲んでた時、
里花はリンゴジュースを買ってもらって、スコーンやらを食べたのが相当楽しかったようで、

「くーひー、行こ!」

と誘われることも多いです。
丁重にお断りするのだけど、車からスタバのマークが見えると

「くーひー!」

と叫んでおります。

あとあと、なんだか急にトイレに行けるようになってしまった。
前々から「う○ち」のときだけ、「しっしー」と言えていたのだけど、それは全て事後報告。まあまあ、いいイメージトレーニングが開始できそうだなあと思ってたくらいで、まだ2歳になったところだし、私も航ちゃんのお世話でトレーニングに集中してあげられないし、もう少ししたらねー なんて思ってたのだけど。

「ママ、トイレ-」 

と言われてオムツをとってあげれば自分で小も大もやってのける。
で、今日の一言。自分がした「う○ち」を見て、

「ちっちゃいねー」

だと。わらけた。

拍手[0回]

PR