忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

ちきんぽっくす

先週月曜日にLA入りして、アパート探しをするぞー!と気合の入っていたヒラキファミリー。

火曜日の朝、里花のおでこに小さな水イボのようなもの・・・。



ん?





洋服をめくってオナカを見てみたら、同じようなものがポツポツ・・・。




も、もしや!?


そう。水疱瘡(みずぼうそう)にかかってしまいました。
英語では通称chicken pocks (正式名はVaricella)といいますが。

日本でも最近任意で水疱瘡の予防接種を受ける子供が増えてきているみたいですが、私達の世代は「かかってこそなんぼ」みたいなところがありましたよね。
小さいうちにかかった方がいいとか言って、「(菌を)もらっといで、もらっといで」と、水疱瘡にかかった子供と遊ばされた記憶もあるような。

でもアメリカでは必ず予防接種を受けなければなりません。
それでてっきりもう済ませていたと思っていたトモミは


「なんで注射したのに

かかるねーん!」


と、少しお怒り気味&本当に水疱瘡かと不安になること数日。

病院に行ってドクターに1歳以上にならないと予防接種は受けてないはず といわれて、納得。

可愛そうにあっという間にいろんなところに広がって、地肌にも耳たぶにもポツポツポツポツ。
幸い熱が出なかった(37℃~38℃位出るんだって)のと、食欲が全く落ちなかったので比較的元気に過ごせたのですが、もうすぐ住むことになるとはいえ、せっかく久しぶりに来たLA。美味しい物を食べに行くこともできず、夜中は体温が上がるせいか、かゆがって何度もグズって起きていました。

保険の関係で結局病院に行ったのは土曜日だったのだけど、最初のポツポツから2日以内だったら、発疹を抑えるお薬もあったらしい。
ごめんよ。里花ちゃん。

でも、「フツーはぐったりしているものなのに、この子は元気だねえ」とお医者さまにも超人ぶりを認めていただきましたよん。

今日(30日)LAから戻ってきましたが、里花のポツポツはほとんどカサブタになっています。これが取れるまであと1週間はかかるみたいですが、本人はいたって元気に過ごしておりますのでご心配なく。

しかし、産まれてから熱も出したことのなかった子なのに、1ヶ月のうちに突発性湿疹と水疱瘡にかかるなんて・・・。
お疲れさまです。

 これも記念だ(?)


拍手[0回]

PR