忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

アメリカオムツ事情

里花のオムツがサイズ2になった。新生児用(N)→サイズ1ときて、すでに2段階もアップ。まあ、里花の場合産まれたときからすでに新生児用はきつかったんだけどね。

サイズ2になってCostcoで買えるようになった。かなりうれしい。100枚入り17ドル前後で売っているものが約200枚で30ドルしないからねえ。助かるわ。

だけど、アメリカのオムツってごわごわしてて、あまり性能がいいとは言えないんだよねえ。お友達から日本製のオムツを1パック頂いていたのだけれど、それと比べると本当によく分かる。ふわふわで大人が触っても気持ちいい。アメリカ製に変えたとたんオムツかぶれした っていう話を聞くけれど納得 って感じ。里花は幸い大丈夫だけれど。
あと、おしっこお知らせマークやお知らせラインっていうのはついていません。ジェシーが「これ、便利やなあー!」って絶賛していました。どうしてアメリカ製にはついていないんだろう?

こちらでメジャーなのは日本でおなじみPampers(パンパース)と、Huggies(ハギーズ)っていうところ。CostocoにはHuggiesしかおいてない。パンパースにはセサミストリートの絵がついていて、ハギーズはディズニー。

ディズニー好きのトモミとしては当然ハギーズが良いのだけれど、今使っているサイズはライオンキングの絵であまりかわいくないの。それもぜーんぶ同じ柄。パンパースはセサミストリートのキャラクターがベビーになっている絵がいろいろ混ざっていてかなりかわいくて好きだったんだけど。なぜか里花はエルモちゃんのオムツのときにウンチしてたなあ。

拍手[0回]

PR