忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

航ちゃんの自転車

6月で5歳になる航晴。まだ自転車の補助輪が取れません。

ねえねえは補助輪が取れた時、よく頑張ったご褒美として新しい自転車を買ってもらったんだけど、全然刺激を受けないマイペース航ちゃん。
それでもちょっとだけ練習してみたけど、

「もういやー」

って言ってそのまんま。
航ちゃんはイヤといったら絶対イヤな人なんです。



同じ年のお友達がスイスイ自転車に乗っている様を見てもお構いなし。
昨年のクリスマスにはずっと欲しがってたRazor(キックボード)をもらったこともあり、自転車はますます遠ざかる。
キックボードでスイスイすべる方が簡単だし&楽ちんなんだよね。


はー、この子はいつになったら自転車に乗れるんだろう と思っていました。




そしたら急に今日「乗る」と言い出し、かれこれ8ヶ月以上ぶりに里花のお古の補助輪なし自転車にまたがった。
そっか、やっとその気になったかー。この間に叩き込まないとなー ってパパと思ってたら


「航ちゃん乗れてる!!!」 里花大歓声。



いきなり最初からフツーに乗れたんです。うそでしょ、この子。



最初の漕ぎ出しはさすがに難しかったみたいだけど、それもちょっと練習したらクリア。
あっという間に補助輪卒業となりました。


航ちゃんって、歩くときもそうだった。
里花は生後10ヶ月で初めの1歩が出たけど、1歩が2歩になるには3日くらいかかったし、また1歩に逆戻りしたりして、長い間一進一退の時期があった。

航晴は1歳と3ヶ月くらいを過ぎたある日、いきなり立ってそのまま5歩歩いた。そして次の日にはフツーに歩けてた。
スタートは遅いけど、やり始めるといきなりできちゃう。

自分で出来る時期がよく分かってるのかしら。


ヒラキ家のルールは「補助輪取れたら新しい自転車を買ってあげる」


航ちゃんは早速お店に行って物色。
色々試乗して、これに決めました。




うれしそう。


18インチだけどモデルのせいか、20インチの里花の自転車のほうが足がつくんだけど、
この方最近の身長の伸び具合がハンパないのでこれくらいでちょうど良いでしょう。

下の子らしく(笑)、あっけない補助輪卒業となりました。


後ろと前に2人乗り出来るようにバーがついてるんだよん


追記:でも調べたら里花は5歳と3ヶ月で補助輪が取れたんだよね。まだかまだかと思ってたけど、結局5歳前で取れた航ちゃんは優秀だったんだわ。運動神経は姉ちゃんよりあるのかも・・・。




拍手[0回]

PR