忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

あさりちゃ~ん

先日の里花の幼稚園で行った遠足の場所がとても楽しかったので、
お友達家族を誘って行ってきました。

あいにくの曇り空で海辺は寒いかな~ と心配でしたが、地形のせいだろか、
風がなくて意外と暖かい。
もちろん長袖だけど、Redondoなどの近隣のビーチよりは全然長居できる気候でした。

わんぱく盛りの男の子が2人もいるT家。
子供達はカニを見ると大興奮!!!
ちょっと怖そうにしてたのは最初だけで、すぐに「自分で採ってみたい!」と言い出して・・・。

 いる~?


 つかまえたっ!

この後それぞれバケツにたくさん捕まえておりました。



実は遠足のときにカニを捕まえながら私は生きたを見たのです。
ニョキッと「目」(正確には目ではないそうですが)を出していて、え?と思って触ろうとしたらす~っと水の中へもぐってしまった。
どうにもこうにも「あさり」か「はまぐり」の2枚貝の類にしか見えなくて、
でもその後は目にすることができなくて、なんかちょっともやもやしてたのです。


私は日本で潮干狩りとかしたことがないので、砂浜でないとあさりはいないという認識しかありませんでしたが、T家の奥様は経験豊富。
見たら食べられるかどうか位は絶対分かる というので、
そんな彼女に偶然見つけたアサリもどきを見せ、

「そうそう、こんな貝がおってん~!」

と中身をこじ開けると、いたっ! あさりちゃん!


「トモミさん、絶対おるって。ここ」



そこからは二人で無心に掘りました。
あさりは「つがい」で生息しているため、一個見つけたら必ずもう一個いるそうで、
ごろごろとした石と格闘しながら軍手で掘ると、見つかりました!

大きなものはちょっとしたハマグリくらい。
色は白っぽく薄めで、殻は若干厚いかな。
あさりを知っている人から見ると「あさりもどき」なのですが、
生息地や海の水質によって殻は変わるんじゃない?ということで
もどきから「あさり」に昇格。

お昼用のホットドックを焼くのに持ってきたグリルで試しに焼いたら、美味美味美味~!!!


昼食後は「カニ」ばっかりにはまっていたパパ&子供チームもあさり採り
チームになり、みんなで拾ったら

 こんなにたくさん!


現在砂抜き中なので、明日の夕飯に食べてみます。
おいしかったら、来週も行くべ!





 やっぱりなんだか人と違うことをする航ちゃん

拍手[0回]

PR