忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

スライドショー

今月下旬にお友達が結婚式を挙げることになりました。
ベイエリアに住むジェシーの古くからの友人で、お嫁さんと二人でLAに遊びに来てくれたりして、今となっては夫婦ともどもお世話になっているカップルです。

お式と披露宴はハワイなのだけど、仕事の都合でどうしても出席できないヒラキ家。
ジェシーは司会をすると張り切っていたのですが残念なお返事をせざるを得ませんでした。

で、ワタクシ、僭越ながら彼らの披露宴で流すプロフィールビデオ(スライドショー)を製作させてもらっているのですが、ちょっと頭打ちの状態。
スライドショーと一緒に流すBGMが決まらないのです・・・。

基本オマカセの状態で依頼を受けて作っているスライドショー。
最終的にはゲストが号泣するような感動的な雰囲気に仕上げるということで、
意見が一致しているのですが・・・。


結婚式定番の泣ける曲は結構あるし、その中で個人的に好きな曲もある。
新郎は30代前半、新婦は20代(!)なので、古臭く仕上げたくないのが私の思い。

だけど所詮アラフォー&日本の世界から遠ざかっている私・・・。

ネットで最近の結婚式定番曲を探すも、いいのか悪いのかの判断さえ鈍る。
それに意外と古い曲が定番として今もなお結婚式では使われている事実もあり。

具体的にはコブクロの「永遠にともに」とか、木村カエラの「Butterfly」とか、
ゴスペラーズとか、レミオロメンやGReeeeN が最近な感じで、
サザンとか、長淵の「乾杯」とかも老若男女受けするからか、根強い人気のようです。

もちろんここに洋楽というチョイスも加わるし、Instrumentalヴァージョン(歌詞なし)も、スライドショーにコメントがたくさん入るようであれば、曲だけがスキッと耳に入ってくるので使えるんだよねえ。

実際私はパッヘルベルの「カノン」を使ったのだけど、あのメロディだけで涙を誘うことができたと自負しております(笑)




また0.01秒刻みの世界にも苦戦しております。
実際できたものを流していくと意外と一枚の写真の表示時間を長く取らないとゲストの目をチカチカさせてしまうんですね。
集合写真だと、本人がどれなのかを探す時間も必要なので最低6秒はいる。

それに合計が4分過ぎはじめると、見る方が退屈しちゃうんですよねえ。
まさに曲一曲分が勝負なわけです。

作業は全然楽しいから苦痛でもなんでもないのだけど、
どう泣かせようかといろいろ考えている今日この頃です。

みなさん、結婚式にはスライドショー流しましたか?
そのとき、どんな曲を使いましたか?
よろしければ参考までに聞かせてくださーい。

拍手[0回]

PR