忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

春休みはマウントシャスタへ!①

毎年春休みはサッカーキャンプに入れてしまう平木家ですが、
今年は旅行に行こうかと計画しました。

週末の里花のサッカーはもちろん、航晴の野球も平日ナイターの試合とかが週に2度とかもあって、
もちろんそれに付随する練習もそれ以上にあって、親子共にリフレッシュが必要だと判断。
それに春休みって、日本語補習校の宿題がなーい!(年度替わりだからね)
もちろん現地校の宿題もなーい!
1週間しかないけど、実は一番ワンダフルなお休みなのかもしれないです。

で、思い切ってマウントシャスタに行くことにしました!

マウントシャスタは2年前に夫婦で行ったきり。こちら
子供たちは初めてです。
少し分かりにくい素敵スポットへの道ももう分かるから、子連れでうろうろする心配もないかなー。訪れる場所を子供に合わせてみるのも前回とは違う旅ができそうで、ワクワクします。

準備オッケー?

しかし、片道車で10時間!
行きは私の用事がキャンセルになったこともあり、予定より1日早く出ました。
途中で疲れたら適当に泊まるようなイメージで。

カリフォルニアを突き抜けるように伸びている5号線をひたすら北上するドライブ。
途中、牛がいーっぱいいるスポットがあってそこを通るときは鼻が曲がりそうになるくらい臭いんだけど、車内はその臭さに大爆笑。
そして、こんなの初めてだったんだけど、その前後にジャスミンのような花の香りがすーっと入ってきたんです。
車窓から見える景色のほとんどはオレンジ畑だと思うんだけど、オレンジの花はまだ咲いていないし、オレンジの花の匂いでもないし。
夜道を走ってたのでその匂いの元が何かも分からずじまい。

その優しい香りが本当に心地よく、牛さんの臭いのお詫びのようにも思え、
シャスタが早くー!って言っているような気もしました。




ホテルにチェックインする前にシャスタよりまだ1時間ほど南にあるBarney Fall
州立公園なので駐車場代が8ドルかかりますが、とても迫力のある滝でした。
なんでもカリフォルニアで一番美しい滝だとか。
高さ40メートルから毎日38万トンの水が流れています。
あまりの迫力にしばし、ぼーっと眺めるしかなく、
時折かかるミストに「はっ」として我に返るような。

ここはキャンプもできるらしいです。ロッジもあります。
これから川でマス釣りも楽しめるそうですが、航ちゃんはもちろん坊主w


到着が夕方と遅くなってしまったので断念しましたが、滝をぐるっと回るトレイルもあるそうです。

この時点で子供たちはまだシャスタ山を拝んでいない。
「早く、シャスタが見たい!」とねだるので、最後の1時間をドライブするパパです。



つづく。

拍手[3回]

PR