忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

いろいろ大変だ

ここのところ、ずいぶんとブログUPが出来ずにいました。
そりゃそうだよ、全然自分の時間がないんだもん・・・
覚悟していたこととはいえ、まだ母がいてくれているというのにこの忙しさ。
帰っちゃったらどうなるんだろう・・・。

二人の子供は病気もなく、すくすくと順調に育ってくれてはいる。
だけど、航ちゃんは相変わらず新生児モードで夜2回の授乳は外せない。
この間里花のときの記録を見たら、彼女は生後2ヶ月にして9時間ぶっ続けで寝てくれていたことが判明!
航ちゃんの睡眠パターンの方がフツーだとは分かっていても、9時間ぶっ通しで寝てみたいよ・・・。

里花はいろいろと面白い時期で、新しく引っ越してきたこのアパート中の人気者になった。
誰にでも「ハ~イ!」と挨拶し、「ばっば~い!」とお別れする。
もちろん、お手手つき。
最初の頃は「ハイ!」「バイッ!」ってな感じだったのに、最近はなんだか発音が英語っぽくなってきちゃって・・・。

隣人のインド人パパが大音量で母国ミュージックを鳴らしながら、パティオで早めの夕食をとるのだが、里花はその妖しげなリズムに合わせて体をゆらゆら、オシリをふりふり・・・

そのお隣のお家では16歳の猫ちゃんがいるのだが、触りたくって仕方のない里花を嫌な顔することなく歓迎してくれた。
このアパートには猫を飼っている人が結構いるのだけど、里花は今までそういう動物と触れ合った経験がなかったから、すごく楽しいみたい。
みんな良い子達で、最近は里花の姿を見るとわざわざおうちからでてきてくれる猫ちゃんもいる。

そんな感じでアパートの外(=中庭)は里花にとってすごく楽しい場所になった。おかげでしょっちゅう外に出せとせがまれる。
航ちゃんが泣き、ご飯の支度もあるというのにおかまいなし。
母と二人しても夜7時に食べる夕食のために昼2時過ぎからぼちぼち準備をしているありさま。

おまけにまた私のラップトップが壊れた
今度はどうやらハードがやられた模様。200から300ドルはかかるとな。
それに工賃120ドルと、輸送費55ドルが加算だと。
ので、デスクトップを復活させたら、里花が触らせろだの、マンガを見せろだのとうるさい。
私のラップトップは最初から触っちゃダメな物と教えてきたのでさほどいじらないのだけど、デスクトップは赤ちゃんの時から好きなだけキーボードなどを触らせてきたので、里花もそのあたりの勝手を分かっているのよね。

最近はyou tubeとかでいろんな子供の番組も見れるので、電源をオンにしたら昼寝するまで私が触れることはない。
もちろん、里花が寝ていても航ちゃんが起きていたらこれまた触れない。

ただいまパパさんご出張中
ばあばに里花と寝てもらっているのだが、夜泣きに対処できるときとできないときがある。
んで、出来なかった時はどうなるかというと、当然リビングにいる私のソファベッドにやってくる。
右手で航ちゃんを抱っこ、左手で里花の背中をポンポンと寝かしつけ。
夜中3時の出来事。

おかげで腱鞘炎気味。サロンパス貼った。

拍手[0回]

PR