忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

ばんそうこう

MSNにおもしろい記事が載っていた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060920ddm013100156000c.html

いわゆる方言(?)の話なのだが、みなさんは「ばんそうこう」のことを何ていうだろう?
私はバンドエイドです。これは商品名が一般名詞化したものだけど、英語でも「BAND AID」と言うので「覚えやすくてらくち~ん♪」なんて思ったものです。
これを九州の方だと「リバテープ」っていうんだもんなあ。初めて聞いた。
ちなみに九州(福岡)に6年ほど住んでいたことのあるジェシーに尋ねたら、

「リバテープ?知ってるよ」とのこと。
こんなアメリカ人、他にいねえよな・・・。

ちなみにうちの父は「サビオ」といいます。ので、「サビオ」と聞けばそれが何かは分かるけど、北海道で認知度が高い言葉なんだねえ。なんで岡山出身の父が「サビオ」なんだろう???

生まれてからずっと関西圏にいた私。だけど仕事柄、標準語のイントネーションは完璧なつもり。だけど、単語に関しては標準語と思い込んで使っていることがあったと思うし、今もあると思う。

友達に(関西の子だよ)指摘されたのが、「こしらえる」=作るという意味なんだけど、これは逆に「関西弁じゃない!」と注意された。なぜなら橋田壽賀子ドラマ、「渡る世間は鬼ばかり」でしきりに「こしらえる」という台詞が登場するからだ。

「えー、でも標準語は作るじゃないの?お夕飯を作るが標準語なのだから、お夕飯をこしらえるは関西弁じゃない?」と反論するも、誰も「こしらえる」なんて使わないとのこと。おっかしいなー、うちのおかん、使ってるけどなあ。

関西弁は意外と難しい。というのも地域で微妙に違うからだ。有名な「京都弁」はもちろん、「神戸弁」というのも存在するからね。ま、でもあんまり気にせずに使ってるけど。
ものもらい」のことを神戸系では「めばちこ」って言うんだけど、京都では「目イボ」と言うらしい。これも初めて聞いたときは驚いた。

スッチー時代、関西便のお客様から「ぬくいコーヒーちょうだい」と言われ、「ともちゃん、ぬくいコーヒーってどんなコーヒー???」って聞いてきた先輩がいた。同じく「これ、ほかしといてって言われたんだけどどうすればいい?」って客が飲み終えた紙コップを片手に呆然とする同僚もいたっけ。
答え:ぬくい=熱い、ほかす=捨てる

MSNの記事にもあるけど、そうそう、関西圏のある世代の男の人はアイスコーヒーのことを「レーコー」といいます。うちの父も使いますな。
んで、記事にはなかったけど、「ミーコー」という言葉もあって、ミルクコーヒーのことなんだけど、決してアイスオーレではなくて、1.冷たい 2.ミルクの入ったコーヒー のことをさします。なぜかホットのミルクコーヒーには使わないのよねえ。ホットコーヒーは「ホット」と言うのだけど、これは共通???

探すといろんな発見がありそうなこの話。
おもしろいネタがあったら教えて下さーい!!!

拍手[0回]

PR