忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

プレゼントは元気な帰宅

4月10日はワタクシの誕生日でございます。
実年齢を知っている方、まあそっとしておいてやってください。

歳を重ねていくこと&自分がこの世に生まれたことに誇りを持とうと、
この国ではにーちゃんと一緒になってからはそう思うようにしているけれど、
根っこは日本人女性の私。
やっぱやだよねー。

最近特に感じるのは体力のなさ。
元陸上部主将のハツラツさはどこへやら。
ちょっと週末に遠出をすると水曜日くらいまでぼーっとしてるし、
次の日が怖くて夜更かしをしないことも多くなりました。

あと、お肌。
敏感肌で自然派化粧品しか受け付けない私だけど、少々ケアを怠ったって
ちょっと気づいたときに集中ケアすれば「復活!」 な感じだったのに

「ちょっと復活」

なことが多くなった(悲)

真剣に青汁でも飲もうかなと思っている今日この頃です。


だけど、ブルーになっている場合ではない。
今日ははにーちゃんが10日間の日本出張を終えて帰国する日!
毎晩「あと△回寝たら・・・」と指折り数えておりました。

運転できるようになって初めての長期出張。
やはりストレス度が全然違いました。
幼稚園の送り迎えで毎日外には出るし、食材が足りなければ買い物にも行ける。

間に挟んだ週末もお友達のBDパーティーなどがあって退屈しなかったし、
平日も気にしてくれたお友達がうちに集まってくれたりした。

なので結構時間が経つのが早かったなあという印象の10日間でした。


誕生日の日に帰ってくるなんて、どうせ時差ぼけだ!疲れた!外食続きで胃がもたれてる!とか言って、家でゴロゴロするんでしょう?

と最初に釘を刺しておいたおかげで、夜はMelting Pot へディナーに行きました。


本当は二人だけで子供連れでは難しいところへ出かけたい
という気持ちがちょっとあったけど、
今日の空港でのお迎え時、到着ロビーにパパが見えた瞬間

「ぱぱ~!!!」

とダッシュで駆け寄り、飛びついていた里花さん。
少し遅れて駆け寄った航晴と一緒に抱っこしてくれたパパの胸で泣いていました。
パパのいない間、そんなに寂しそうにしていた素振りは見せてなかったのに。
いじらしい娘の姿にパパもママもカンドー。

航晴は少し眠ろうとするパパのそばへ寄って

「もう!ぱぱ、おきて~。あさなんだからさ~。おきてよ~!」

と必死で起こしておりました。一緒に遊びたいんです。
気持ちは分かるけど、ちょっとだけ仮眠させてやってね。


パパの帰りを心待ちにする人はもう私だけじゃないんだよね。
だから家族全員でお食事に行くことに決めた私です。



久しぶりに行ったMeting Potは少しメニューが変わっていて、
子供にも食べやすいチーズフォンデュが増えていたし、(以前は私でも酔っ払いそうなアルコール味がきついメニューがほとんどでした)
今日はスープフォンデュにしたのでオイルよりもとてもあっさり頂けたし、
シメのチョコレートフォンデュは里花が大喜びで食べており、
計3時間のディナーを堪能いたしました。

拍手[0回]

PR