忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

レイ ~Leis〜

レイ。

ご存じ、ハワイの文化の一つ。
自然の草花で思いを込めて作られたレイ。
ごあいさつやお祝いはもちろん、結婚式やお悔やみの時にも使われます。

こちらの学校の卒業式では家族やお友達からレイをたくさんかけてもらった写真をよく目にすると思います。
個人的には花束よりも両手が空くので、合理的だなー なんて思っています。

私はフラを習っているので、このレイというもののお勉強もさせてもらっています。
用途や手法、お作法など、本当に奥深くって、学ぶたびに感動しています。

たとえば妊婦さんには赤ちゃんの首に巻きつく連想があることからレイを送るのはタブーとされています。でも知らなくてプレゼントしてしまった場合。。。頂いた妊婦さんは首にかけるのではなく手にかけておけばオッケーです。

プルメリアはその芳醇な匂いから、死者の魂を乗せて天国へ導くといわれています。
だからと言って、生きている方にプルメリアのレイをあげてはいけないというわけでなく、
お葬式の際にはプルメリアが使われる ということです。

そして数年前から自然を保護するために考え出されたという「リボンレイ」
リボンや毛糸を使ってさながら本物のお花のレイのように作るレイは、保存がきくので
記念としてずっととっておけることや、前もって作っておけるというメリットがあります。

里花さんの卒業式に際し、私も色々と作りました。

本当にいろーんな種類のレイがあって、どれもとってもかわいいし、
同じ手法でもリボンの色や素材が変わるだけでまた違ったレイの雰囲気が出るし、
お友達にどんなレイをあげようかなと、考えるだけでワクワクしておりました。


定番のブレード(写真はダブルブレードです)
リカくらいの子でも作れます。



本物のプルメリアを連想させる色合いはもちろん、色を変えてもかわいいプルメリアレイ


波型リボンは簡単な並縫いでも複雑な形に仕上がるのが魅力です


ロケラニ(ミニバラ)はマウイ島のシンボルフラワーです。


毛糸レイも指編みやかぎ針編み、ストローを使う手法とバラエティ豊か


これはほんの一部です(笑)
私もまだ挑戦していないレイがたくさんあります。

今回、里花には生花を使ったレイを作りました。

薄いブルーのドレスだったので、リンクさせるかすみ草とアクセントのオレンジのバラで


魔除けの意味を持つティリーフのレイはそれだけで神聖な感じがします。


日本じゃ考えられないけど、マネー(お金)レイも男の子には大人気

生花も針と糸を使うもの、編み込むものと色々ありますよー。本当に無限大。

レイを頂くって、とても嬉しい気分になるんです。花束をプレゼントするように、気軽にプレゼントできると良いなあと思って、日々練習しております。

拍手[2回]

PR