忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

愛車のケア

うちにはなぜかベビーカーが4台!もある。
軽量タイプ、二人用など、その時のニーズに合わせて使用していたけど、やはり一番出番が多いのはBugaboo

航晴が生まれてからWheel Boardを買い足し、里花は嬉しそうに立ち乗りを楽しんでいた。
航晴が歩くようになってからはその時々の気分で里花が座ると言い出したり、航ちゃんが立ち乗りすると言い出したり。

一昨年の里帰りの時、飛行機に預けていたBugabooを受け取ったのはいいけれど、帰ってから良く見ると日よけ部分のワイヤーが一本なくなっていた。

ワイヤー自体は黒色でコの字型のプラスティック。
そんなものが落ちていたところで航空会社が取っておいてくれるとも思わなかったのであえて電話もせず、残りの1本だけでブサイクに日よけを支えて使用していた。

そんなある日。

タイヤの空気が抜けてきたので(Bugabooのタイヤは普通の空気入りタイヤです)パパがガソリンを入れたついでに空気を補充しておいてくれた。
そしてパティオに置いておいた。

数日後。

洗濯物を洗濯機に入れ、家に戻ろうとドアを開けた瞬間

バンッ!!

とんでもない破裂音がした。

私、なにかした?ドアになんか挟まってた???

あまりにも大きな音だったので、オフィスにいたマネージャーも、近所のオッちゃんも出てきて
「なにごとだ~!」と大騒ぎ。

みんなで何が原因だったのか家の周りをグルグル見渡して気がついた私。

Bugabooのタイヤがパンクした音だった。

おそらくパパが空気を入れすぎ、気温の上昇とともに中の圧力がグングン上昇。
そして最終的に破裂。
あー、ビックリした。

よく見たら推奨圧力値みたいなのがタイヤに書いてあった。
パパいわく、車のタイヤ用の空気入れなのでシューッと勢い良く入っちゃったらしい。
わ、入れすぎた と本人も思ってたようなのですが・・・。

で、しばらくBugabooのない生活だったのだけど、里花は歩いてくれるし、コンパクトなコンビに航ちゃんだけを乗せれば普段の生活は楽勝。

だけど来月のハワイに向けてやはりBugabooが必要だということでメーカーに問い合わせ。

さすがは高級ベビーカーのBugaboo。ケアは充実している。
パーツもディーラーさんが取り扱っていたりして助かる助かる。

日よけのワイヤーはディーラーさんに見当たらなくて一度メールで問い合わせたのだけど、その間に再入荷していた。

タイヤ1個39.99ドル。ワイヤー1本9.99ドル
パーツも結構なお値段しますわ。
倉庫に直接取りにいければ良かったのだけど場所はミネソタ。
送料もかかって60ドルも出費・・・。

それが今日届いてわがやのBugabooは復活!
シートも全部丸洗いしてすっきり生まれ変わりました!

これで結婚式の最中に航ちゃんが寝ても、ワイキキの街を歩きすぎて里花が「疲れた~!」と言い出しても大丈夫です。

もう使わなくなっていく一方なのでうちは買うつもりはないけれど、
Bugaboo専用のキャリーケースを買っておけば良かったなあと思います。
そうすれば飛行機の預け入れもスムーズで、パーツががなくなる心配もなかったんだよね。

Bugabooユーザーさんでご旅行の多い方は是非オススメします。

 もう少しお付き合いを・・・。





拍手[0回]

PR