忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

うちの母の日は念願のお寿司っ!!!

子供がいると(それもうるさいのが二人)なかなか足が遠のいてしまい、この間SFに行った時に回転寿司に行くのがやっと。ちゃんとしたお寿司屋さんで頂くなんてしばらくは無理だなーってあきらめていたのだけど、テーブル席があって、一品や定食(アメリカのお寿司屋さんには「サバの塩焼き定食」みたいな定食がおいてあるお店が多いのです)があるお店なら、子供達の食べる物もあるし、大丈夫じゃない?ということで、はにーちゃんがお友達に聞いてくれて、「えー?こんなのがアメリカでも食べられるの?」と思うようなオススメのお店があるというので行って来ました

店内はカウンターとテーブル席が4つのみ。
こじんまりとしててすでに常連さんがカウンターを占領してて、「ご予約」の札もいくつか並んでる。
当然ハイチェアなんてなくて、板前さんもウェイトレスさん(奥さん)も子供連れで見慣れない顔の私たちにちょっとキョトンとしていて・・・。
だっ、だいじょうぶか???

でもお断りはされなかったのでとりあえず着席。
今日は航ちゃんはパパのおひざの上。おとなしくしててねー

大人用には先ずお刺身をいくつかオーダーして、子供達には煮物や「マグロの団子」みたいな一品、それに焼き魚もたのんじゃえ。

・・・いやあ、おいしかった。実においしかった。
それが子供達にも分かるのか、里花はモクモクと食べてるし、航ちゃんも口をあけるのに必死。それに二人ともものすごくおとなしい。

中盤にさしかかってお寿司を注文。里花には大好物の「いくら」、「タマゴ」、子供の定番「えび」を。
そしたら、子供用に小さく握って出てきたっ!
いくらは小さめ計4貫となり、えびも半分に切ってくれて一口サイズにしてくれてる。
うれしいなー。こういうの

店内のお客さんはほとんど常連さんで、お客さん同士が顔見知りであったりして、新参者の子連れの私たちは子供達が騒がないように必死だったけれど、パパが航ちゃんをしっかり見てくれていたし、里花はとにかくおいしいゴハンにご満悦で何とか無事終了。
久々においしいお食事を堪能しました。

明日「母の日」当日はどこのレストランも混むだろうからということで今日行ったのだけど、当日は当日でご飯の用意はしなくていいよとのこと。どこかでテイクアウトしようだって。
大サービスです

帰りの車内ではまだ寝る時間には早いというのに航ちゃんはイビキをかいて爆睡・・・。
「オレ、かーちゃんのために頑張ったろ?」といわんばかりの寝顔でした。

FUKUNO(ふく乃)
15915 S. WESTERN AVE., #F,
GARDENA
310-719-1640

拍手[0回]

PR