忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

ひなまつり
今日は「おひなさん」だからチラシ寿司~♪

うちは普段でもチラシ寿司をよく作るのですが、
それは ①簡単で ②見栄えがあって ③家族全員好きだから という
ぐうたら主婦のツボをワシ掴みにしてるからであります。

で、今日も

「いくらのしょうゆ漬けだけ午前中にやっておけば、あとは夕方ゆっくりやればいいや~ん。」

と、のんびり構えていたのです。


だけど・・・


おひなさん。

ひなまつり。

桃の節句。



こう考え始めるといつものチラシ寿司じゃ特別感がないのでは?
と思ってきちゃって・・・。
一応、本日の具は鮭を入れてご飯がほんのりピンクになるようにはしようと思ってたけど、飾りつけはいつもと同じ(今日は中にシャケがあるので、トッピングのウナギは省略)だからねえ。

で、慌てて作った「食べられるお雛様」

 命名:ハンプティダンプティびな(笑)

こんな時に限って「ウズラ卵」がなく・・・。
寿司飯のおにぎりで作った胴体にウズラ卵の頭があったなら
お一人様ずつ盛り付けられたのに。
鶏卵1個で、ずんぐりむっくり「おひなさま」


それでも子供たち(特に里花)が喜んでくれたので、
母は嬉しい。







幼稚園ではきちんと3日に「おひなさま」を片付けたそうです。
文句を言うお母さんとかいるのかな?
うちはもう少し暖かい日に片付けようと思います。

拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

いやぁ~本当に尊敬!!
すごいよ、えらいよ。
私は 子供が出来てもここまでちゃんとしてあげられる自身は皆無だ(笑)

しかし 子供たちは鶏卵のほうが大きくって 嬉しかったんじゃない?
食いしん坊な子供だった私は 何でも大きいのが好きだった。。。(笑)

Re:無題

wakaちゃんだけだよ、そうやって誉めてくれるの(泣)
いろいろ見てると、みんな本当にすんごいんだよ~。
菱餅ケーキやオサレに飾られたひなあられ、1品料理などもお品があってね・・・。
作るのは工作みたいで好きだけど、なんせ気力がない今日この頃。
無理のない食材だけで作ったので、鶏卵に着せた薄焼きたまごとハムをはがしながら、おいしそうに食べておりました。結果オーライ?

コメントを書く