忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

ロブスターフェスティバル

うちから約5マイルほどのロサンゼルス港でロブスターフェスティバルがあったので行ってきた。

レストランで食べるとだいたい25ドルくらいするロブスターが、パンとコールスローサラダ付きで17ドルで売られるそう。
大きさは1匹約1.25ポンド。
はにーちゃんいわく、2ポンドくらいになってくると身がゆるんでくるので、見た目は小さくてもこの1.25ポンドが一番おいしいと言われるんだって。

そのセットとお得な2匹セット(31ドル)を1つづつオーダーして会場内へ。
私とバアバがロブスターを取りに行った。

ドンドン流れ作業で出てくるロブスタープレートの流れが私たちの少し前で止まった。最初は周りをキョロキョロしてたのでその状況が良く分からなかったのだけど、私の前にいるおじさんが店頭のおばさんに「なにを待ってるの?」と聞いたところ

「今、ロブスターをCOOKしているところ。もうちょっと待ってねー!」

見るとテントの後ろでたくさんの生のロブスターがゆで釜の中へドンドン放り込まれている。
「へー、ここでゆでてるんだー。」
てっきり、すでにゆでられて冷凍されたものを出していると思っていたバアバはすごくビックリしてた。

するとまもなく

「熱いぞー!気をつけロー!」

とおじさんの声。

ベルトコンベアみたいなものに乗って、茹であがったばかりのホカホカのロブスターちゃんが、店頭のオバちゃんのところに届く。
熱いのでほぼ放り投げるような感じでパンとサラダとバターソースが準備された発泡スチロールのトレイにのっけ、

「へい、おまちっ」

ってな感じでできあがり。

真っ赤にゆであがったロブスターちゃんから大量の湯気が出ている。
めっちゃ興奮。

 

 航ちゃんも興味津々!

アツアツの殻を割るとプリプリのロブスターちゃんの身。
塩加減が程よく、噛むととても甘くて、弾力もかなりのもの。

おいしー

航ちゃんもすごい勢いで食べてる。
里花だって、バアバに殻をむかせて自分だけ食べてるって感じ。

添えてあったバターソースをつけるとこれまたコックリとしてロブスターの甘味とマッチするし、レモンを絞っただけもさっぱりとしていて、
いやー、実においしかった。

とうもろこしや、シーフードのスタンド、レモネードやさんなども建ち並び、移動式の遊園地もあってまさしくフェスティバル。

皮のままローストした「とうもろこし」をほおばり、ガーリックソテーした大量のエビを堪能し、里花はバアバと乗り物に乗って、とても楽しかったです。

来週はこれまた近所のレドンドビーチという所でロブスターフェスティバルをやるそうな。
行っとくか。(?)

ロブスターフェスティバル詳細→こちら
※9月21日(日)午後11時までです

来週(9月26日~28日)のレドンドビーチで開催する分→こちら

拍手[0回]

PR