忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

こちらは体験入「園」

航晴さん、

2週間前に6歳になりました。
アメリカの学年では年子なんですが、
ねえねえが早生まれのため、
日本ではまだ幼稚園年長さん。
一緒に小学校に行ってもらいたいのに叶いませぬ。

実は昨年も暇を持て余して仕方がなかったのです。

毎日ばあばの自転車に乗っかってスーパーに買い物に行くくらいしかアクティビティがなく、
ばあばも夏本番になってくると暑くて航晴を乗せるだけでも大変。

里花が休みな週末はともかく、
平日はずっとゴロゴロしていましたの。

で、思いきって近所の幼稚園に連絡してみました〜!

体験入園に関しては、経験者の方から

「公立じゃないと受け入れてくれない」
とか、
「でも公立はいっぱいで断られる」
とか、
「私立でもOK」とか、
「制服を買わされた」
「いや、貸してもらった」など、

色々聞いていたんですが、とりあえず家から一番近い幼稚園が公立でしたんで、そこへ連絡。

すると過去に何度も海外からの一時帰国者を受け入れている幼稚園だったようで、アッサリOKが出た!

金曜日に手続きに行って月曜から登園します。

航晴は最初嫌がっていました。
でも見学に行ってみると、広〜い園庭に見たことのない遊具、
しまリス、ザリガニ、金魚、うさぎ、カブト虫の幼虫までいて、
プールは屋上だし、お野菜も育ててて、早速バスに乗って行く遠足も予定されてて、

「早くいきたーーーーーーい!」

となりました。

単純。

っていうか、私もその施設にビックリしましたわ。
日本の幼稚園ってすごいのね。

水曜日以外は毎日お弁当だけど、
日本のお弁当材料の充実さをみたら、逆に作りたくなってきます。

すでに切ってあるキャラカマボコや
仮面ライダーの焼印がしてあるウィンナー、
アンパンマンポテトも生まれて初めて買うわ。

楽しみ〜♪

楽しみ〜♪

拍手[2回]

PR