忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

パパ、鬼のトレーニング

ここアメリカでは、生後6ヶ月くらいから自分ひとりで寝るようにトレーニングする。
時間がきたらベッドに入れ、泣こうがわめこうが親はノータッチ。
そんなトレーニングを繰り返して自分ひとりで寝るように癖付ける。
うちも昔試みたけれど、親心が痛んで断念した。(詳細はこちら

しかし航晴が産まれてからは里花を時間どおりに寝かしつけることが難しくなってきた。
はにーちゃんがお仕事で夜遅いときなどは特にそう。
里花が寝る時間にうまく航晴が寝てくれていたら別だけど、起きているとドンドン里花の寝る時間が遅くなるし、もう少しで里花が落ちそう・・・という間際で航晴に起こされることもある。

で、パパが鬼の役を買うことになった。

いきなり部屋に一人閉じ込めるのはムリなので、まずは入り口付近でパパは座っているだけという状態からトレーニング。
里花が「いっしょに寝て~!」と甘えてきても、抱き上げてベッドに乗せて、また自分はドアの前で座る。

何度も何度も里花は泣きながら抱きついてくるが、ベッドに戻しては座る。
その繰り返し。

今日はその3日目。まだ慣れたとはいえないけれど、おかげで寝る時間だけはきちんと定まってきた。

しかし皮肉にもTVではパパの大好きな野球が流れてる。
LA ANGELESとBOSTON REDSOXの試合。
3-3同点で迎えた9回裏。
2アウト、ランナー1、2塁。REDSOXの攻撃。

だけど鬼のはにーちゃんはTVを振り切ってベッドルームに行った
私は航晴にミルクをあげながら、つけっぱなしのTVをぼーっと眺めてた。








カキーん!



サヨナラ!3ランホームラン!!!


・・・パパ、本当にお疲れさま。

拍手[0回]

PR