忍者ブログ

トモミのひとりごと

アメリカロサンゼルスから日常のことや育児のことなどいろいろ

航晴の誕生日会

6月7日は航晴の満1歳の誕生日
運良く土曜日という事もあり、パーティーを開くことになりました。
前にも書いたように、航ちゃんのお食い初めや初節句をきちんとしなかったパパとママはとても反省し、だから1歳の誕生日は里花より盛大に!と張り切っていたのですが・・・。


空回りばかり・・・




前日の金曜日、日本からトモミ母と妹が到着し午前中はお迎えなどに追われていたので、午後から準備を開始したいものの、いつもの家事やら育児やらでなかなか進まず、結局は子供達が寝静まってからやることに。

まずは前菜のセビーチェ作り。
2ポンドの生エビをひたすら細かく刻む作業。
たまねぎも刻む、セランチョも刻む、トマトも刻む。刻む刻む・・・。ひたすら刻む・・・。
妹がいてくれて助かった。

そしてBBQ用のお肉。
Costcoで固まり肉を買って来たのだけどこれが意外と苦戦した!
厚めのステーキくらいにスライスするだけの準備のはずが、いたるところに「スジ」があることが判明。
スジがあっては焼いても固いだけなのでそれを取り除く。結構いろんなところに、それも頑固にひっついている。それを取り除く作業に時間を取られ・・・。

 スジめ~!!!

取れたスジは後日「どて焼き」になった。
母が精肉店の娘で良かった。

パーティーのメインはパパが仕入れてくるお魚でのお寿司なのだけど、1歳の航ちゃんや子供達も食べられるメニューも必要なので「豆乳グラタン」を作る。
前日はそのソース作り。これはまあスムーズにいったのだけど。
なんだかんだで寝たのは夜中の3時でした・・・。

当日はパパが早朝から魚の仕入れ、風船&ケーキのピックアップ。
風船が何よりも怖いトモミですが、今回は航ちゃんのためにガマンすることにした。でもやっぱりどうしてもゴム風船は絶えられないので、アルミの風船にしてもらった。

パパの外出中、私はひたすら準備、準備、準備・・・。

寿司飯とお赤飯を炊く。母がうちの古くなた炊飯器を見かねて日本から新しい物を持ってきてくれたので早速使用。2台で計3回炊く。
お米をといで、給水一時間。ざるにあげて水切りして・・・。

グラタンのパスタをゆで、仕上げをしてオーブンに入れる。
サラダの準備も最終段階。セビーチェも良く締まっている。
ここまではまだ良かった。

パパが帰ってきて更に本格的な準備が始る。
お刺身用とお寿司用にパパがお魚をさばき、その間にタイを焼く。
今回のタイはちゃんと頭ついているよー!大きいよー!
けど結構難しいのよね。うまく焼けるかなー。

 

切りあがったお魚を使ってお寿司を巻いて切って、盛り付け。
けどタイの様子が気になって手につかず、妹も母もそれぞれ作業で手がいっぱい。
そうこうしているうちに私が連絡をとってお誘いしたメンバーが到着!
パパは12時開始だと思っていたらしく、私は11時開始だと思い込んでてゲストの到着時間にズレが生じたのです。

って、まだメインのお寿司できてないんすけど?

予定ではダイニングテーブルにもブルーのクロスがかかり、バルーンが飾られてるはずだった。
だけどこんな状態のまま・・・。

 さ、作業台・・・。


「手伝うわっ!」

実に4年ぶりの再会となるYちゃんに心強い言葉を頂き、みんながお寿司を巻いてくれた。切ってくれた。並べてくれた。
片付けてくれる人もいた。
ペーパーナプキンや髪皿の用意をしてくれる人もいた。

みんなごめん、ゲストなのにホンマにごめん。でもありがとう!!!


そうこうしているうちにタイが焼きあがり、グラタンも焼きあがり、お寿司も出来上がって、12時のゲストが到着!
ふー、なんとか間に合ったよ。

 

始ってしまえばなんとかなるもので、みなさんそれぞれが初対面な場合が多いのにおしゃべりも弾んでいるようで、子供達もめいめいで遊んでくれているし、ほっと一安心。

頑張って作ったアンパンマン寿司も好評であっという間に完売。
あんなソーセージとタマゴだけのお寿司なのに・・・。みんな食べてくれてありがとね。

 


そしてバースデーケーキ。これもパパが奮発してくれましたよー。

 じゃーんっ!


アメリカンチックで、でもおいしくないのはイヤなので選んだお店がKing's Hawwaian
写真をライスペーパーに転写してのデコレーションです。

航ちゃんの代わりに里花がろうそくの火を吹き消すことになったのだけど、ケーキが大きすぎてろうそくの火から遠かった里花は一発でフーすることが出来ず、大泣き。それにみんなが大爆笑。
良い良い。みんなが楽しければそれで良いぞ。里花。

 わーん!!!

そしてパーティーには欠かせないピナータ。

 リボンを引っ張るタイプです

メキシコから来た遊びで、紙製の張子の人形の中にキャンディーが詰まったものを子供達が叩き割り、中から出てきたキャンディーを拾うという遊びなんだけど、幼児にはちょっと難しいので紐を引っ張って割るタイプのピナータを用意。
これも子供達が喜んでくれて良かった。アメリカンキャンディーをデビューさせてしまった人もいたかもしれないけど、許してね。

楽しい時はあっという間に過ぎ、航ちゃんのお誕生日会は終了。
皆様、来てくれてどうもありがとうございました。
せっかく久しぶりに会う人もいたし、ご帰国前でアメリカで会えるのはもう最後という人もいたのだけど、バタバタしていてゆっくりお話も出来なくてごめんなさい。
慣れないことをたくさん欲張ってしすぎちゃったみたいです。
アップアップでした・・・。

でも皆さんが手伝ってくれて、とても助かりました。そして何より嬉しかったです。
そして、たくさんの人に集まって頂いてお祝いしてもらった航晴はとても幸せです。
19日には2度目の手術が行われるのですが、頑張ってという意味も込めてこの会を開きました。また皆さんに感謝の気持ちを伝える場が設けれたらなあと思っています。

航晴、生まれてきてから1年間、口唇裂口蓋裂以外は何ひとつ心配をかけずに育ってくれてどうもありがとう。1度目の手術も見事に乗り越え、とても頼もしく思っています。もう一度痛い思いをしなければならないけれど、みんな応援しているから頑張ってね。
そしてこれからもすくすくとたくましく成長してください。






みんなが帰ってホッと一息。
冷蔵庫を開けたら「ガリ」の入った袋がポトッ・・・。









忘れてたー!!!










こんなヒラキファミリーですが、これからもどうぞよろしくね









拍手[0回]

PR